ファッションは農業だ!

「MICHIYO INABA Produce コクーンプロジェクト」

 

ファッションデザイナー稲葉みちよは、1993年にファッションブランドMICHIYO INABAを、生まれ育った横浜の元町で立ち上げ、本物だけが持つ、輝きを追い求めた服作りを追求しています。

更に東京コレクションでの発表や、様々な有名企業とのコラボレーションを積極的に行い、TVやラジオ、新聞、雑誌などのメディアや口コミを通じて世界に発信し、認知度を高め続けています。

この経験と実績を生かし2006年より『衣食遊』のトータルプロデュースを開始いたしました。

これを『コクーン・プロジェクト』と名付け、2008年7月の社団法人神奈川県繊維協会「繊維デザイン研究セミナー」in神奈川中小企業センターにて、講演・発表いたしました。

現在の日本は、バブル崩壊のつけの清算や、米国経済システムの失敗にまきこまれ、日本人の価値観は金銭第一となっています。

また教育や福祉政策の誤りから、間違った個人第一主義を生み、他人を尊重する気持ちや助け合いの精神が崩壊し、人間関係も非常にぎすぎすしたものへと変化してきました。

海外からの輸入品に頼ってきた日本は、日本人としての誇りも失い、国力衰退の道を歩んでいます。

このような状況を見るにつけ、人と人の心の和(輪)の大切さを感じます。そこでファッションデザイナーとして出来ることとして、ファッションを基本とした美により、人と経済を循環させるシステムを考えました。

そして、この循環からイメージされる丸い形をシルクの原料である繭にたとえて、『コクーン・プロジェクト』と名付けました。

その一つは衰退しつつある養蚕の復活。日本の絹を世界に発信する新シルクロードです。

そして、バイオマスによる新素材の開発や、ヘルシー&ビューティーを基本にした地球と身体に優しい食品も開発しています。

“衣食遊”を人と人の心の輪(和)を中心に、音楽やART、TVや映画等、様々なジャンルのアーチスト達や、多数企業とのファッションプロデュースを通じて、MICHIYO INABAのコクーン・プロジェクトは、日本から世界に向けて、龍の如く舞い上がります。

● 絹龍舞 2018 第3回 横浜絹フェスティバル オープニングイベントの様子

日本シルクを守り育てる会 | 横浜絹フェスティバル